2014naganoniki.pdf へのリンク


本文へスキップ
★★★ 連綿と続く芸術への熱き想い ★★★

展覧会レポート EXHIBITION REPORTS

多くの中信美術会会員が、個展やグループ展を開催しています。ここでは、その中で中信美術会の広報委員が取材した展覧会をレポートします。
  • 圃晏展 2021.3.2~3.21 北アルプス展望美術館
  • 圃晏展 無拘の美術家 宮澤好男  ~モノクロームのバリアント~

    写真をクリックすると大きな画でご覧になれます。

  • 3月上旬、春の温かさを感じる時季に、池田町にある北アルプス展望美術館で企画されている4部(工芸)の宮澤好男先生の「圃晏展」を訪れました。

    展示室最初の「独り言」の『無拘』…しがらみも無く、こだわりも無く…などの言葉から宮澤先生のお人柄を感じることができました。そんな人柄を感じながら、これまでの集大成といわれる陶芸や絵画併せて100点ほど作品を見て回りました。

    会場のフロアには、圧倒する数の抽象的なオブジェ作品が置かれ、同じような作品の中にさまざまな変異がもたらされ、作品一つ一つ異なるモノクロームの表現を感じることができました。

  • そんな抽象的なオブジェの一方で、鉄や銅などの釉薬が使われたお皿や花瓶などの技術や表現から陶芸経験の深さを感じることもできました。

    また、陶芸といえば宮澤先生、というイメージですが、今回の展覧会は、絵画作品も展示され、抽象的な作品にも魅了されました。先生の画歴も長いという言葉にも納得しました。

    素晴らしい作品に圧倒されましたが、先生の次の言葉も印象に残りました。

    「既成概念からの脱出と自己脱皮を試みてきたものの、しかし、未完。」

    工芸、美術会の先頭に立たれている先生においても、「未完」であるということ。私たち表現者とって、追求は永遠に続いていくのかもしれないと感じさせられました。

    美術館を出て、アルプスの山並みをしばし眺め、私も自分の制作において、既成概念からの脱出と自己脱皮を試行してみようと感じた展覧会でした。

    (広報委員長 2部 今井順也)

  • 「松本平のアートシーンを彩った美術家たち」
  •        展覧会の様子を動画でご覧いただけます。

  • 2014年1月以降の過去の個展・グループ展情報はここからご覧になれます。
    昨年2013年以前の個展・グループ展情報はここからご覧になれます。

中信美術会

委員長 
 矢野口 靖
事務局 
 〒398-0002
 長野県大町市大町4599
 中村 勤 
 TEL 090-2219-6840




個展グループ展 - 中信美術会