900

本文へスキップ
★★★ 連綿と続く芸術への熱き想い ★★★

「2021 中信美術会 作品図録」について 
第73回中信美術展は、新型コロナウィルスの感染拡大により、残念ながら中止となりました。次回の第74回中信美術展は、2021年4月からの松本美術館の改修工事による閉館に伴い、2022年6月の開催となります。この間、会員の皆さまの作品の発表の場がなくなることは残念です。他の方法で会員の皆さまの作品を発表する機会、会員同士が繋がる手段を提供できないかと検討を進めた結果、中信美術会の作品図録を制作することといたしました。
対象は、会員及び71回展または、72回展の一般入選者(ジュニア含む)です。
会員及び昨年の一般出品者の皆さんには、要項などを郵送してありますので、是非ご応募ください。作品添付書類は、以下からもダウンロードできます。
  作品添付書類(エクセル)
右クリックで、リンク先を保存
                     

会員投稿作品のページ開設のお知らせ NEWS

新たに、「会員投稿作品」のページを開設いたしました。
このページは、会員の方であれば、誰でも気軽にWEB上で作品を発表できるページです。
掲載ご希望の方は、以下のメールアドレス宛に画像データをお送りください。
 postmaster@chubi.jp 
必須記載事項:所属部・会員名・作品名・大きさ・手法(材料)
作品に込めた想いなどのコメントも記載ください。
画像データは、元データを尊重しますが、平面作品の場合は見切りトリミング等の見栄え処理を行いますのでご了承ください。

今月のア・ラ・カ・ル・ト

長閑さや 早き月日を 忘れたる  炭太祇
春の長閑さは、あまりにも早く過ぎてしまうあっけない人生のことを
忘れさせてくれるものだ


月、卯月になりました。私は4月生まれ、そして嬉しいことに利用しているクリーニング店には誕生月半額キャンペーンがあるのです。厚物のコート類を片付けるこの時期だけに、この特典を大いに活用しています。
き父のデスクを整理していたらモンブランの万年筆が出てきました。よく作家が使っている太くて黒い万年筆は、長年憧れていた品なので見たとたんに欲しいモードは全開になりました。以来これぞというときに使いますが、どうも万年筆は横文字を書くのに適しているのか、縦書きの場合2~3行目になると、インクが手に付いて汚してしまうのが難点です。少しずつティッシュをずらしながら書き上げます。封筒を選び、住所を書き、バランスを見ながら切手を貼り…楽しい時間です。昨年末に近くのガラス製品のショップが閉店セールをしたので思い切って念願のガラスペンも手に入れました。でも繊細なペン先を傷つけそうで、未だに大事に飾り棚にいれたままです。使ってこその道具なのに…
紙を書くのが好きなので、筆記用具だけではなく便箋や封筒もいろいろ揃えています。よく使うのは太い罫の和紙調。もともと悪筆が悩みなのですが、何となく上手な字に見えるのが不思議。そして切手もとても大事な脇役で、差し出す先、内容などを考えて選びます。いろいろなデザインがあり、あれこれ迷ってしまいます。郵便局で気に入ったものを見つけるとついつい購入しているうちに、切手箱に未使用切手が溜ってきています。最近悩ましいのは郵便料金が1円ずつ小刻みに値上がりしたこと。料金不足の切手がたくさん残っていまいました。1円や2円切手を貼り足せば良いだけなのに、その気になれないのです。特に1円切手は郵政事業の父と言われる前島密さんの肖像で茶色のモノトーン、地味なのでなんか他の切手と合わないのです。いつか郵便局で「一円切手ってこのお爺さんのしかないのかしら?」と聞いちゃいました。失礼しました!密さん。こんな声がたくさん届いたのか、今月14日に新デザインの1円切手が限定ながら発売されることに。
つか友人に私の密かな愉しみを話したところ、言下に「あなたの自己満足にすぎないわよ!」とのきつい一言。ショッボンとなりましたが、『すこし淋しい人だな』と思いました。(K.M)

contents

中信美術会

委員長 
 矢野口 靖
事務局 
 〒398-0002
 長野県大町市大町4599
 中村 勤 
 TEL 090-2219-6840

個展グループ展 - 中信美術会