900

本文へスキップ
★★★ 連綿と続く芸術への熱き想い ★★★



今月のア・ラ・カルト

7月、July 今年も半分が終わりました。夏至を過ぎると植物は徐々に終活に入ると云いますが、これから夏本番。5月、6月の天候を思い起こすと変動の激しいものになりそうで心配です。異常が異常でなくなるのが近年の気象の特徴ですから。
月に入ると京都は祇園祭一色になっていきます。毎年テレビから流れるコンチキチン、コンチキチンのお囃子が私を遠い昔に連れて行ってくれます。その頃京都の南西部、右京区(現西京区)に住んでいて、私鉄で四条大宮へ出て、路面電車(チンチン電車がまだ走っていた頃)で四条烏丸を経由して御所の北にある中学校に通っていました。期末試験が終わるとすぐに夏休みになり、その日は通知表を受け取りに行く日でした。鉾が巡行する四条通は既にワサワサと人の波、市電が混んでいたのか、それとも運行していなかったのか、歩いていくことにしました。ことのほか蒸し暑い京都、人混みをかき分けて、汗を拭きながら巡行を横目に・・・毎年のことではなくあの年はたまたまお祭りと同日だったのだと思います。
学校の授業で今でも心の残っている一つに「永遠とは何か」がありました。先生のお話をはっきりと理解できたのかどうかは心もとないのですが、「時間の流れがあって、一瞬一瞬が永遠につながっているのだ」というような内容でした。原体験という言葉も初めて耳にしました。それ以来私の頭の中では、「永遠」イコール「川のように流れる時間の帯があって、出来事の一瞬一瞬が飛沫になって、まるで遠心分離器から飛ぶ水のように時間から離れて飛んでいく」図が住みつきました。
の文を書くにあたって、あらためて「永遠」をネットサーフィンしてみると「無限に遠い未来まで時間的持続に際限ないこと。時間を超越し、過去・現在・未来を通じて存在すること」とあり、長年の私の理解はほぼ合っていたのではないかと思いました。以下は私なりの永遠の捉え方です。年を経るにつれて両親はじめ多くの友人知己との永遠の別れが多くなってきています。つい先日もN先生とお別れしました。どの方も時間を超越し、過去・現在・未来を通じて存在しておられるのだと思うと、身近に感じ少し心安らかになります。一方この世にいる私の時間の流れは加速度的に疾くなるばかり。まだ時間を超越していない私たちは、指の間からこぼれていくような日々を大切に、そう思いつつ今日もまた何とな過ごしてしまいました。(K.M)

<お知らせ>
第71回長野県美術展 審査結果のお知らせ
第71回長野県美術展の審査結果(中信関係分)
受賞者は以下の皆さんです。おめでとうございます。

第一部(日本画)
賞名 作品題名 氏名 住所
県教育委員会賞 冬至る 沖 みどり 安曇野市
第二部(洋画)
賞名 作品題名 氏名 住所
信州美術会賞 ぼくとわたしときれいなタオル 馬場 剛史 塩尻市
JA長野中央会長賞 いつかツギハギ 大月 美歩 松本市
第一法規賞 仰ぐ人 沓掛 隆 安曇野市
第一法規賞 2019-1 小出 美代子 安曇野市
TSB賞 風景 浅川 正章 松本市
NHK長野放送局賞 通りすぎた街 湯川 惠子 木曽町
第三部(彫刻)
賞名 作品題名 氏名 住所
信州美術会賞 風に向かうⅡ 清沢 龍美 松本市


中信地区で搬入された一般出品者の入選者は以下の通り

1部(日本画)
太田たづ子 (池田町)
香山 隆子 (塩尻市)
南嶋  操 (松本市)
村上さつき (塩尻市)
山﨑いつ瀬 (北海道)

2部(洋画)
朝場 江里 (松本市)
有賀 一人 (安曇野市)
安藤堅一郎 (大町市)
磯尾 順次 (木曽町)
上野千恵子 (朝日村)
内山  昌 (大町市)
大月 美歩 (松本市)
大友 博秋 (安曇野市)
川原 一昭 (木曽町)
木庭 啓子 (松本市)
小池 智美 (松本市)
小林さくら (松本市)
小林 信や (松本市)
白木みよ子 (松本市)
中沢美恵子 (松本市)
中田 良子 (松本市)
中村よしみ (池田町)
野口SORA (原村)
羽田智千代 (大町市)
馬場剛史 (塩尻市)
平田 百代 (安曇野市)
前島 卓夫 (安曇野市)
松井 二郎 (安曇野市)
松澤 衣映 (松川村)
宮島由里香 (松本市)
宮田 耕治 (松川村)
やまぐちかずお (松本市)
吉江 秀泰 (安曇野市)
吉田せつ子 (安曇野市)

3部(彫刻)
小池 春隆 (松本市)
越山 明都 (松本市)
吉江 秀泰 (安曇野市)

4部(工芸)
相澤まゆみ (白馬村)
後藤 佑麻 (安曇野市)
中村  満 (木曽町)


ワークショップのお知らせ
 信美術会四部会員が工芸(漆・染・織・木・陶)の一歩からお手伝いして楽しい作品作りを計画しています。この機会に工芸の面白さを体験してみませんか? 多くの皆様のご参加をお待ちしています。

 

 
第72回中信美術展日程のお知らせ

 第72回中信美術展は、以下の日程で開催いたします。
会期 2020年1月3日(金)~13日」(月・祝)6日(月)休館日
搬入 2019年12月15日(日)
搬出 2020年1月13日(月・祝)

  • 個展・グループ展に会員の個展・グループ展情報を掲載します。
  • 事務局までお知らせください。

contents

中信美術会

委員長 
 矢野口 靖
事務局 
 〒398-0002
 長野県大町市大町4599
 中村 勤 
 TEL 090-2219-6840